ゲームやCDの音楽など一つの購入金額は安いかも知れません。しかし、毎日お金をつかっていたらどうなるか。

ゲームと音楽の関係性について思うこと

ゲームと音楽にお金を使いすぎてはいませんか?

お金が貯まらないとう人がいますが、そういう人は必ずどこかでお金を使っている傾向があります。音楽は今や色々と簡単にダウンロードできるようになったので毎回CDを購入しなくとも音楽を入手する事ができるようになりました。しかし、本当にこだわりを持っている人はCDを購入してカバーも全て綺麗にとっておくような人もいるのです。そういう人は音楽に掛るお金も頻繁にかかりますし、音楽をダウンロードするのも対して安くはありません。レンタル屋さんに言ってCDを借りても5枚で1000円はざらなのです。気づかない内に積もり積もったお金を使っているのかもしれません。また、趣味でチェロやピアノをやっている人はその楽器の購入にもお金を使いますし、メンテメンスもしていかなければならないのでお金はかかります。私の知り合いは40万のチェロを購入したとか。楽器の値段はピンからキリまであるのでいくらのがいいのかわかりませんが、とても高価なものには変わりありません。

ゲームに関しても似たような事がいえます。以前は携帯ゲームでしたが、今スマホでゲームをしている人が増えてきました。アプリも簡単にダウンロードできますし、一つ一つの単価が安いかのも特徴です。私もいくつかゲームをやってみたことがありますが、これ以上やりたい時はお金を払ってアイテムを手に入れないとできないものが多くあります。いつ200円としても毎日購入していれば、10日で2000円です。ゲームは新しいものがどんどんでるので飽きたら別のものを購入すればいいのです。一つの金額が安いからといって買い続けると気付いた時にはとんでもないことになることを念頭に入れておきたいものですね。